憧れの声優業

声優業というものは、役者以上に特殊な専門技術を要する職業だといっても過言ではないでしょう。声優のオーディションを受ける際には、基本的な技術はもちろんですが、台本を読み解く理解力や、そこから生まれる表現力を磨くようにしましょう。漠然と好きな声優さんのモノマネのような感じでオーディションを受けても、思うような結果は得られないはずです。より高い評価を得るためには、趣味であるアニメばかりに偏って知識を蓄えるのではなく、セリフを読むときに必要となる漢字の読解力をはじめ、基礎的なスキルも必要となります。

また、プロの声優さんは、ただ才能だけで声優という職業をやっていると思うかもしれませんが、実は非常にテクニカルな訓練を経てプロの技術を習得しています。たとえば、正しい呼吸や発声法などは基本の一つです。しゃべるときのクセが強い人は、それが弊害となってしまう可能性もあります。そのため、完全独学ではなく、声優としてのレッスンを早めに受けるというのも一つの手段です。

声優を夢として掲げている人はたくさんいますし、具体的なステップを踏み出していなくても、漠然と声優の世界に憧れを持っている人も多いと思います。オーディションの機会は広く門戸が開かれていますので、積極的にチャレンジしてみましょう。

声優になるために

まず声優のオーディションを受けるために、開催中のオーディションを探す必要があります。インターネットで探せば応募できる場所がすぐに見つかりますので、この段階はそれほど難しくはないでしょう。

まずは書類による申し込みですが、必要な書類を揃えたり、履歴書を書いたり、写真を撮ったりと準備を整えます。前述したように最近の声優業にはアイドル歌手のような側面も求められていますので、顔写真も全身写真も適当に撮影することがないように、自分の魅力を十二分にアピールできるものにしましょう。

続いて声優のオーディションでは、最も重要な段階ともいえる実技試験があります。試験内容は、台本の中から抜粋した部分のセリフを読むという方式が最も一般的です。時には、ほかの人とペアでセリフを読むこともあります。また、声優がさまざまな場面で活躍したり、ラジオ番組を持ったりしている今の時代には、トーク力も重要視されます。面接ではただ単に声優としての能力だけでなく、フリートークの力も見られると考えたほうが良いでしょう。最終的に面接が行われるので、そこで人間としての魅力や、仕事していく上での意識などを見極められます。技術はもちろん、人格やトーク力などもアピールできるように心がけましょう。

声優のオーディション

ここ10年ほどで、世の中における声優という職業の認知度はかなり上がったと感じている方も多いのではないでしょうか。さらに、声優の中でもアイドルなどと遜色ないレベルの人気タレントも多数登場し、業界全体における声優という職業の立ち位置がかなり変わりつつあります。もちろん、アニメファンにとっては昔から声優は憧れの職業であり、ファンの立場から自分も声優として働きたいと思うようになって、実際に夢を叶えた方も多いはずです。とはいえ、アニメのイベントに多く参加している方でも、実際に声優のオーディションを受けたことがある方は少ないでしょうし、オーディションなどに関する情報もあまり知らない人が多いと思います。

アイドルや俳優はただ道を歩いているだけで、ルックスと雰囲気でスカウトマンから声をかけられることがあるかもしれません。しかし声優の場合は、こうしたスカウトのされ方は難しいですし、正真正銘専門職、職人の世界ですので、好きだから出来るという甘い世界ではないはずです。多くの声優さんはさまざまなオーディションを通して声優のお仕事をするようになりました。そこで憧れのこの職業につくためのオーディションというものについて基本的な知識を学んでおきましょう。今まで漠然と声優に憧れていた人でも、この記事を読むことによって実際にオーディションを受けてみようという気持ちになるかもしれません。夢への第一歩、それが声優オーディションです。